アパート経営が上手く軌道に乗らない。そのような時の問題点として第一に考えられるのが「空室状況が目立つ」ということではないでしょうか。
ダイレクトに収入に関わる部分でもあるかと思います。
空室が目立ってしまう要因はいくつかありますが、今回は「老朽化」という部分に着目してみましょう。

■時代にマッチした設備であるか否か

時代の変化とともに、住環境設備の変化もまたあるものです。
多少の問題でしたら差し障りが無いケースもありますが、あまりに古いものとなると使い勝手が悪い・使い方がよく分からないなどということになり、結果として空室が目立ってしまう原因をも作りかねないのです。

■間取りの問題について

一見すると、間取りと勝手というものは変化がおきないようそのように思えますが、やはり時代の流れにより変わってくるものでもあります。
生活様式もまた変化するものですから、間取りが要因となることもあるでしょう。

■外観について

この要素が最も大きいともいわれています。
建物も15年~20年も経過するとさまざまな問題が出てくるものです。
外観が古い・綺麗ではないということで入居者希望者がいないということにつながってしまうのです。

■水周りについて

老朽化が進んでしまうと、水周りに影響が及んでしまうケースが多いのです。
入居者の判断基準として水周りを考える人も多いので、やはり老朽化による劣化というものは大きなダメージとなってしまうでしょう。

■修繕を検討する必要性もある

このように、建物の老朽化に伴い空室が目立つケースについて具体的に見ていきました。
場合によっては大規模な修繕が必要となることもあるでしょう。
これからアパート経営をされるという方は、こうしたケースも見越した上で計画を立てていくようにしましょう。